総量規制対象外

キャッシングの手続き

一番手っ取り早くて簡単なのは、インターネットやスマホなどから申し込みをすることです。街中にあるキャッシング会社の窓口に足を運んで自分の孫のような社員に恥を忍んで頭を下げることもありませんので、至極簡単です。

 

もちろん、確認の電話や勤務先には在籍確認はありますが、基本的にはメールのやり取りであわよくば即日融資も可能です。ただし、窓口申請と比較すると借入限度額が少々低目に設定されてしまう傾向にあるようですが、その程度のことは辛抱すべきでしょう。

 

50万円以上の大きなお金が必要で借入限度額を最大限獲得したいと考える方は、窓口での申し込みをお奨めします。窓口での申し込みはキャッシング会社の社員と対面してやり取りをしますので、ネットとは違い申請者の「人間性」もチェックポイントに付加されます。

 

どうしも今お金が必要な旨と、返済出来るだけのゆとりを真剣に説明をすることで、限度額も最大限に設置される可能性はあります。ただし、前述したように自分よりも若い社員に頭を下げる労苦はありますので、それを我慢出来るか否かです。

無人契約機

窓口申請がどうしても嫌ならば、無人契約機で取引をするやり方もあります。無人契約機は説明するまでもなく、キャッシング会社に設置されてある無人契約機に入り、モニター操作で契約をする方法です。

 

もっとも、無人といってもキャッシング会社からはモニターで監視されていますので、直接対面かモニター越しかの違いだけなのですが。ただ、直接対面で話するのに抵抗がある人は良いかもしれません。

 

限度額も窓口申請とほぼ同等の限度額を引き出せますし、カードが発行できれば直ぐさまその場でお金を引き出すことが可能です。毎月の支払いを確実に履行していけば、限度額も上がっていきます。