ヤミ金融

違法業者の手口

ヤミ金融は総量規制が逆効果になって益々増加しています。ヤミ金融とは貸金業登録の有無にかかわらず、出資法で定められた金利規制に違反して高利で貸付を行う金融業者を指します。ヤミ金融はどの業者も例外なく刑罰が科される出資法の金利規制に違反して営業を実行していますので、犯罪行為を行っているのです。

また、もともとヤミ金融は貸金業の登録をしないで無登録で営業を行うのが主でしたが、昨今では貸金業の登録をした上で出資法の金利規制に違反した高利で貸し付ける業者も現れています。その理由は、貸金業登録をしていればスポーツ紙などに広告が掲載出来るからで、より多くの顧客(多重債務者)来店が見込めるのです。

このような業者の多くは、通常の消費者金融よりは審査が甘いものの、一旦借りてしまえば高金利ですので、払えど払えど永遠に元金が減ることはありません。延々と利子を払い続けることになります。こんなヤミ金融でお金を借りることは絶対に避けるべきですが、中には普通の金融会社と偽って営業をしているヤミ金融業者もあります。

090金融

違法業者の見抜き方

そこで大事になってくるのが、ヤミ金融か否かの見抜き方です。まず、DMやFAX、電話などで融資勧誘を行っている金融業者は、ヤミ金融業者と見て間違いありません。どこかの名簿屋で多重債務者のリストを買い取って、一本釣りしているのです。彼らは金融業者といっても、実態は多重債務者を食い物にする紹介屋、買取屋、整理屋などの偽消費者金融なのです。

彼らの出している広告は、たいてい「確実に借りれる」「審査が甘い金融審査」といった、多重債務者が見たら涎を出すような文句を書き連ねています。このような勧誘文句に絶対騙されてはいけません。また、このようなヤミ金融業者は貸付金利をいかにも低いように宣伝していますが、名もない金融会社が大手の消費者金融より低い金利のはずがありません。まったくのデタラメですの気をつけて下さい。

ヤミ金融に引っ掛かっかってしまった場合

金策に窮していた際、目の前に現金をちらつかされてしまうと正常な判断が出来ないものです。もしも誤ってヤミ金融と取り引きしてしまった場合、勇気をもって警察や金融庁なりに通報するか、あるいは弁護士等の専門家に相談して代理人を立てることです。一番ダメな行為は、状況を受け入れてしまって泣き寝入りしてしまうことです。

彼らのやっていることは明白な法律違反ですので、返済をする義務は一切ないことを認識しておくべきです。